今さら聞けない!オフィスカジュアルのNG集

Female white blouse, skirt and heels. Black and white office apparel for women. Set of formal clothes for ladies.


オフィスカジュアルの基本的なルールは、来客の時にふさわしく、かつカッチリしすぎていないこと。ブラウスにスーツといったスタイルである必要はないけれど、あまり華美な服装は避けたいものです。

夏のノースリーブは臨機応変に活用して。

オフィスカジュアルで絶対にNGな服装の例が「露出の高いスタイル」です。ノースリーブやオフショルダー、背中が広く開いたトップスなどは、遊びに行く時に合うスタイルですので、仕事をする場にはふさわしくありません。

夜の外出を控えていて、どうしてもこれらの露出が高いトップスを会社に着ていきたい場合には、必ずジャケットやカーディガンなどの羽織るものを用意していくと良いでしょう。

どこまでが「派手な色」?線引きを検証!

また、派手な色使いのアイテムをNGにしている企業も多いようです。真っ赤やショッキングピンクなどのビビットな色、大柄の派手なプリントの服などはなるべく避けた方が良さそうです。

ベーシックな色合いがオフィスカジュアルの基本ですが、他の色を取り入れたい場合には、パステルカラーや小さめの花柄やチェック、ドットなどの柄を取り入れましょう。また、ベルトなどの小物にビビットな色を持って来るのもOKです!

スカートの丈は長すぎても短すぎてもNG!

スカート丈についても注意が必要です。もちろん短すぎるミニスカートやショートパンツは太ももの露出が高くなってしまうのでNGです。しかし、長すぎる丈のスカートも注意が必要です。

今流行中のマキシ丈のロングスカートは、カジュアルな印象を与えてしまうためにオフィスではNGスタイルとなってしまいます。長めの丈のスカートが着たい時にはミモレ丈を選ぶのが無難でしょう。

デニムやスウェット……素材についても考えよう!

規定のデザインをクリアしていても、素材がNGの場合もあります。その代表格となるのが「スウェット」と「デニム」です。これらの素材は、たとえデザインがカッチリしていても、カジュアルな印象を与えてしまうため、オフィスにはふさわしくありません。

ダメージ加工のない、インディゴ以外のきれいめジーンズの場合はOKとしている職場も多いようですが、基本的にはカジュアル素材のために避けた方が良いでしょう。スウェット素材のジャケットなども、同様にNGの場合が多いです。

まとめ:社内ルールを再度チェック!周りの服装も確認してみよう。

いかがでしたでしょうか?オフィスカジュアルの大前提となるのは「周りの人も気持ちよく働けるファッション」であること。今一度社内ルールを見直し、周りの同僚たちの服装も参考にしてみてはいかがでしょうか。