こういう人はなぜかモテる!改めておさらいしたいモテポイント


女からの人気はイマイチないけど、なぜか男からはモテる……そんな人は周りにいませんか?今回は、女には分からないけど、なぜか男心をくすぐるモテ女のポイントを探ってみましょう。

モテポイントその1:男は意外と「声」を意識する。

外見のモテを意識する前に、簡単にモテ要素を身につけられるのが「声」です。声が高かったり、低かったりするトーンは変えられませんが、男性が好むのは声の高低ではなく、その「話し方」です。

早口でまくしたてるように話をするよりも、一語一語丁寧に、のんびりと話をすると、男性はホッと落ち着きます。相手を窮屈にさせないように、おっとりとしたペースで話をしてみましょう。

モテポイントその2:抱きしめたくなる服を着る。

どの時代でも「男が女を守る」という意識は根強く残っています。ふんわりと柔らかく、抱きしめたくなるようなファッションをしている女性は、自然と男性の視線を捕らえるのが上手です。

具体的なファッションポイントとしては、柔らかいペールトーンの色と、ふんわりと柔らかな素材の服。パステルカラーのトップスに膝丈スカートなどの「王道モテファッション」は、男性が決して出来ないコーディネートなので人気なのです。

モテポイントその3:「トロフィーワイフ」は目指さない。

テレビでよく見かける女優やタレントなどは、男性にとっては憧れはするけれど決して手が届かない存在です。「付き合いたい」と感じる女性のポイントは、「手が届くかも?」というスキを見せることが大切です。

ファッションもメイクもカンペキ、スタイルも抜群でどこから見てもスキがない女性を目の前にすると、ほとんどの一般男性は尻込みをしてしまうもの。セレブ妻のようなトロフィーワイフは目指さずに、誰でも手が届きそうなスキのある女性を目指しましょう。

モテポイントその4:往年のモテ見本は女子アナ。

今も昔も、究極の「モテアイコン」と言われているのは女子アナです。特にお手本にしたいのは、メインを張っているニュースキャスターではなく、サブを務めている女子アナや、バラエティ番組などで司会者のアシスタントを務めている女子アナです。

彼女たちの最大の特徴と言えるのが「万人ウケ」のファッションや立ち振る舞い、話し方にあります。つまり、どんな男性にもウケが良いような女性像と言えます。モテたい女性はぜひお手本にしてみてはいかがでしょうか?

まとめ:お手本を目指して、あとは自己流で!

まずはお手本となる女性像をイメージすることが大切です。憧れのタレントなどを目指しても良いでしょう。ある程度自分に自信がついたら、あとは自分にぴったりの男性を見つけるように個性を磨いていきましょう!